癌の怖さ

うずくまる

癌とは、日本人にとって国民病共言うべき天敵である。日本に置いての死亡率は癌による部分がとても大きく、男女共に癌による臓器不全、または合併症に寄って命を落としているのがげんじょうである。
日本のみならず世界中でも問題視されており、世界でも軽快の声は絶えないのが現状である。
癌の特徴としては様々な臓器に発生してしまうというところであり、大腸、肺、肝臓、胃、皮膚に至る部分に発生することが確認されている他、最も恐ろしい部分は発生した部分から大きく派生し、進行していくという部分である。
血流やリンパの流れに乗って体の各部位に移動し、そこで新たに癌を発症させてしまうため、いざ完治したとしても警戒とくわけにはいかないのである。
しかも潜伏期間というものも存在するため、一度治療が完了したと見せかけしばらくしてから新たに発症してしまうという事があるのである。
これらの癌の特徴から、完治までとても長い期間をかけることになる可能性も大きく存在しているのである。
しかし、今では様々な治療法が存在しているため、一概には言えない所がある。

癌性胸膜炎とは肺がんを主として胸膜に癌が入り込む事により炎症を起こし、水がたまるということが起こる病気である。他にも、乳がんや胃がんなどが乾性胸膜炎の発生の原因としてあげられる。
咳が長期に渡り続く、呼吸がうまくできないなどが主な症状としてあげられる。また、進行していくと発熱などの症状が見られる。
この癌性胸膜炎の発覚から癌の発覚に至るというケースが多く、癌による合併症の中でも一般的と言えるものである。
検査としては、まずX線によって胸に水が溜まっているかどうかを確認し、この水を採取してからこの水のなかに癌制の細胞が見られるかどうかを診断していくのが主な診断方法である。
癌性胸膜炎は、ほかの癌との合併症であるためにこれ自体を治療しても完治に至るという事が少ないということも特徴の一つと言える。

治療方法としては、胸水の減少を確認しつつ、抗がん剤による治療が今のところ最も有効的な治療方法である。
しかし、強力な抗癌作用により副作用もかなり強く、治療後であっても体調を著しく崩してしまうという事も見受けられる。
他の癌も治療しなければならないため、強力な治療になるというのは必然的な部分になってくるのではあるものの、癌性胸膜炎は手術や放射線手術は行わないという事が多いため、長期にわたる治療が必要になってくるのである。

免疫細胞療法という治療方法も、近年注目されている部分がある。
この免疫細胞療法とは、患者の細胞を採取し、抗癌作用のある薬品を投与することで、抗癌作用のある細胞を作り出し体内に再び投与することで、副作用のない抗がん剤を使用するということだけでなく、癌に対する抵抗力を付けるという働きも体に付与させる事が出来るのである。

免疫細胞療法はこれからのがん治療だけでなく、様々な部分で発達が望まれる所である。

オススメリンク

カレンダー

2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アーカイブ

カテゴリー